安さで選ぼう!南国リゾートのセブ島留学に人気のサイト6選

TOP > セブ島留学について > セブ島で使用されている言語は?

セブ島で使用されている言語は?

 フィリピンの島の一つであるセブ島は、リゾートアイランドとして世界中の多くの人々から注目されています。リゾート地でバカンスを満喫したい旅行者から人気を集めているだけではなく、最近では英語を学ぶことができる留学先としても人気があります。セブ島で使用されている言語としては、昔から現地で話されてきたセブアノ語に加えてフィリピン語であるタガログ語や公用語である英語が挙げられます。小学校から大学までの教育機関では英語で教育が行われており、またテレビをはじめとするメディアでも英語での放送が行われています。従ってフィリピン国民の英語力はたいへん高く、アメリカなどの英語を公用語とする国々が人件費の安いフィリピンにコールセンターを置いているほどです。もちろんセブ島でも英語が公用語として使用されています。

 リゾート地として人気を集めているセブ島では、最近多くの語学学校が集まってきています。空いた時間にはマリンスポーツなどのアクティビティを楽しみながら、リゾート地で英語を学びたいという人々がアジア諸国から集まる傾向があります。最近では日本からも多くの人々がフィリピンを英語を習得するための留学先として選んでいます。これまで英語を学ぶための留学先と言えばアメリカやカナダ、イギリスといった欧米諸国が一般的でしたが、これらの国々への留学に比べるとフィリピンへの留学には様々なメリットがあります。まず第一に挙げられるのが、費用でのメリットです。セブ島への留学は欧米留学に比べると、授業料や生活費を含めたトータルの費用が三分の一で済みます。また地理的にも日本から近く、航空券が安いというメリットもあります。

 万が一何かあったときにもすぐに日本に帰ることができて時差は1時間しかなく、すぐに現地の時間に馴染むことができます。さらにセブ島留学には英語の授業形態にも特徴があります。欧米留学では通常英語の授業を行う時、10名以上の生徒に対して1人の先生が授業を行うのが一般的です。しかしセブ島留学ならマンツーマンのレッスンが一般的であるため、それぞれの生徒のレベルに合わせた効果的な授業を受けることができます。またマンツーマンのレッスンなら先生と英語で会話する機会も増え、高い英会話力を身につけるのにも効果的だと言えます。セブ島留学では1週間単位の短期留学にも対応しており、旅行気分でリゾート地を満喫しながら毎日数時間だけ英語の授業を受けることもできます。学生だけではなく社会人も英語力を高めるために利用しています。

次の記事へ