一括借り上げ

マンションやアパートなどの一括借り上げと言う言葉をよく耳にします。一括借り上げとは、オーナーから不動産会社が土地や建物を借り上げ、入居者に貸し出すことです。サブリースとも言われていて、不動産会社が丸ごと賃貸物件を借り上げてくれるので、空室があっても収入が保証され日々の管理も任せることが出来るというのが、オーナーにとっての最大のメリットです。この一括借り上げは、大変魅力的な内容なのですが、家賃の減額や途中解約など、トラブルになった事例も数多く報告されています。営業スタッフのメリットばかりの言葉を鵜呑みにして、契約してしまうと後悔することになりかねません。一括借り上げという仕組みは、家賃保証という大きなメリットがあるものの、知っておかなければならない注意点も多くあります。ここでは一括借り上げについて詳しくお伝えいたします。

マンション一括借り上げの仕組みについて

オーナーから一括借り上げしたマンションやアパートを不動産会社は入居者に賃貸します。契約は不動産会社と入居者が交わします。家賃は不動産会社が受け取り、手数料を引いた家賃の80%から90%をオーナーが毎月受け取ります。空室があっても得られる金額は変わらないので、空室があっても不安になったり、収入の変動に一喜一憂する必要がなくなります。日常の管理からトラブルの対応までしてくれます。また、もう1つの管理方法として、管理委託方式があります。管理委託の場合は、家賃の3%から10%程度が手数料となります。管理委託においても、入居者とのトラブルに対応してもらえることがほとんどです。しかし、業務内容によって委託金額が変わるので、コストの収支を良く考えてどちらの管理方法が自分に合っているかを選ぶことが大切です。

一括借り上げのメリットを考える

一括借り上げの主なメリットは、「賃貸経営が安定する」「管理が任せられる」「確定申告が楽」の3つです。一括借り上げにするということは、家賃保証や空室保証を受けると言うことです。つまり空室に関係なく毎月決まった収入を受け取ることが出来ます。家賃滞納の心配もなく、賃貸経営を安心して行うことが出来ます。また、入居者募集から契約書作成、家賃回収、クレーム対応まで、一括借り上げに関わる全ての業務を代行してくれます。賃貸経営は、不動産所得が生じるので毎年確定申告が必要となります。一般的には、収入から経費を差し引いた金額が不動産所得として申告します。必要経費は自分で計算する必要があるので、労力が掛かりますが、一括借り上げの場合は、管理会社からサポートを受けることが出来るので確定申告の作業もシンプルになります。