一括借り上げ

近年投資方法の中でも人気が高いのが不動産投資です。不動産投資は働かなくても収入を得ることができることや、ローンを組み物件を購入することも可能であるため、少ない資金でも投資を始められることで人気を得ています。以前は不動産投資というと金銭的に余裕がある人のみができる投資方法だと思われていましたが、最近ではサラリーマンとして働く傍らで不動産投資を行ったり、主婦でも不動産投資を行ったりしているという人も増えてきています。投資の中でも非常に人気の高い不動産投資ですが、唯一難点であるのが所有している物件に空室がでてしまうことです。空室がでてしまうと当然ながら家賃が支払われないため、物件のオーナーは収入を得ることができません。そこでおすすめなのが一括借り上げシステムです。

不動産投資を行う上で知っておきたい一括借り上げシステムとは

不動産投資を始めようと考える方に是非知っておいて欲しいのは一括借り上げシステムです。一括借り上げシステムとは物件をオーナーから不動産会社が一括して借り上げ、家賃の8割から9割程度が不動産会社から直接オーナーへ支払われるシステムです。不動産投資の中で一番のデメリットは所有している物件が空室になってしまうことです。空室になれば家賃収入を得ることができないばかりか、ローンで物件を購入した場合、ローンの支払いだけが発生してしまい、結果的に資産を減らしてしまうことも多いのです。一括借り上げシステムを利用することで家賃を100パーセント得ることはできませんが、その分万が一空室になった場合でも賃料を得ることができるため、オーナーにとっては非常に安心できるシステムであるといえます。

一括借り上げシステムのメリットとデメリット

一括借り上げシステムは安定的に収入を得ることができる他、不動産会社が入居者とのトラブルなどにも対応してくれるため、クレーム対応などの煩わしいと感じる業務を行わなくてもよいという点においてもメリットとしてあげられます。また空室を防ぐために物件を維持したり、保全に気をとられたりすることもありません。そのためオーナーにとっては非常にメリットが大きいシステムであるといえます。しかしながら一括借り上げシステムはメリットだけではありません。不動産会社からオーナーに払われる賃料は金額が保証されているわけではなく、定期的に金額が見直される場合があります。また不動産会社が途中で契約を解除する場合や、不動産会社が倒産する恐れもあります。また近年ではこうした不動産会社とオーナーとの間にトラブルが発生しているケースもあるため、一括借り上げシステムを利用する場合には不動産会社を慎重に選ぶ必要があります。